市内で台風19号被害の保険金請求を装った不審な電話や勧誘が多発しています。

【よく見られる手口】
12時から15時ころの昼間帯に電話や訪問などによる方法で勧誘してくる
・最初に「台風被害で保険がおりますよ。」などと言って、射幸心を煽り、お金が簡単に手に入ることをちらつかせてくる
・屋根、雨戸などを見て、「これなら保険が使える。」などと言ってくる
・20歳代から40歳代の男性による勧誘が多い(訪問の場合)
【対策】
・保険金や補助金の支払いは、行政機関や保険会社が申請に基づいて慎重に判断するため、現地ですぐに「保険がおります。」と言うことはありません
・しつこい勧誘電話には留守番電話設定が有効です
・もし電話に出てしまったときは、一旦切って家族や野田警察署に相談しましょう
・自宅に訪問してきたときは、鍵を開けずにモニター越しで対応して断りましょう。また、しつこい場合は警察に通報しましょう。

千葉県野田警察署 04-7125-0110