5月21日の新型コロナウイルス対策本部会議で決定された内容をお知らせします。
・医療機関への経営支援(保健センター)
入院患者の受入れ医療機関は、病床確保のため利用可能フロアに影響を与え、大きな減収と経営にも問題が生じている。対象医療機関に対し、1日当たり1万円を対象床数と日数を基本とした支援金の実施を決定。詳細は今後調整する。
・小中学校などの再開について(学校教育課)
5月31日(日曜日)まで臨時休校となっているが、6月1日(月曜日)から分散登校を開始し、6月22日(月曜日)からの通常登校に向けて準備を進めていく。詳細は今後、詰めていくが今後の推移で変更も考えられる。再開にあたり1年間でどのようにしてカリキュラムを達成するのかなども含め、十分に検討を行う。
・図書館、博物館における使用停止要請の段階的解除(生涯学習課)
県においては、5月22日から解除の動きがあるようだが、市内で感染者が出ていることや再開に向けた準備期間が必要となるため、現行のまま5月31日(日曜日)まで休館とし、他の施設と同様に6月1日(月曜日)の再開を目指す。
予約分図書の郵送貸出しについては、5月15日から開始し、既に1500件の送付を行い、月末まで継続する予定。
・【緊急対策事業】指定ごみ袋の追加配布(清掃計画課)
外出自粛要請により自宅から家庭系ごみの排出量が増加しているため、無料指定ごみ袋10枚(可燃・不燃の選択が可)の追加配布を行う。7月早々に引換はがきを発送
・【緊急対策事業】水道料金の減免(水道部)
高齢者支援の趣旨も含め、7月、8月検針分の水道料金の基本料金の減免を行う。

市ホームページはこちら
https://www.city.noda.chiba.jp/kurashi/kenko/kansen/1025329/1025750.html

問合せ先(土日祝日を除く)
○野田市役所 04-7125-1111
○野田市保健センター 04-7125-1188
○野田市水道部 04-7124-5145